LINE UP
CAMPAIGN
TOPICS

バストアップと睡眠の関係とは?

2021.04.28

バストアップに睡眠が大きく関係している事をご存知でしょうか?

ハリのある形の整った美しいバストを目指すのなら、普段から良質な睡眠をとる事が重要です。
日頃の睡眠不足が、心身の疲れや肌荒れ等の不調を引き起こす事はよく知られていますが、バストにも影響があります。

良質な睡眠とは単に長時間寝るという事ではありません。眠りについてから最初の90分間(ノンレム睡眠)でいかに深い眠りがとれるか、どうかが重要だと言われています。
この時間は成長ホルモンの分泌も活発になるのでバストアップのためにも、とても大切な時間です。

その為にも、就寝前は意識して行動しましょう!

①入浴法

忙しくて時間がなくシャワーで済ませている方も多いのではないでしょうか?

・40℃のぬるま湯に15分程度つかりましょう。
ヒトの深部体温(体の内部の温度)は約0.5℃上がり、約90分かけて元の体温に戻るといわれています。
そのことから入浴は就寝90分前にすませることがポイントです。

☆アロマオイルや入浴剤を用意してリラックスできるお風呂時間にするのもいいですね♡

 

②運動習慣

長期的に運動を続けることで、寝つきがよくなり、夜中に目を覚ますことが減ります。

・まずは簡単なストレッチなどからはじめてみましょう!

☆おすすめ胸育ヨガはこちら

 

③食生活

良質な睡眠をとるためにも、食事・栄養はとても大切です。

・夕食は就寝する2時間前までに済ませましょう。
・カフェインは15時までと意識しましょう。
・アルコールは適度にしましょう。
過度にアルコールを摂取すると睡眠の途中で目が覚めやすくなり、睡眠の質を低下させる原因になります。
・脂質は控えめにバランスよくヘルシーな食事をとりましょう。

☆バストアップにおすすめの食材を使ったレシピはこちら

④リラックスできる睡眠環境

睡眠環境を整えることは、眠りの質に大きく関係します。

・寝る前はテレビやパソコン、スマホをいじらないようにしましょう
最低限、ベッドの中に入ったらそのまま眠りにつくように意識しましょう。
・ナイトブラを活用しましょう。
寝ている間の姿勢でバストの脂肪は両脇の方に流れてしまいます。
せっかく睡眠の質をあげるのなら、バストも同時にケアしたいですね♡

☆この記事の1番下、関連商品をCheck

⑤バストアップにとって大切な女性ホルモンの分泌に睡眠が影響する

バストのサイズや形を左右する構成要素のひとつである乳腺には「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンが深く関係しています。
エストロゲンは乳腺の増殖を促し、プロゲステロンは乳腺を発達させる作用があると言われます。
これらの女性ホルモンが正常なバランスで分泌されている事がバストアップの第一歩。そして、これらの分泌に大きな影響を与える要因の1つに睡眠があります。
精神的ストレス、栄養バランスの偏った食事、体の冷えなども女性ホルモンの分泌を乱す一因となりますが、睡眠の質が低かったり、睡眠時間が足りていないと女性ホルモンの分泌はうまくいかなくなります。

自分に合った方法を見つけ、上手く活用しリラックスして眠りにつく事が、美しいバスト作りにつながります♡