LINE UP
CAMPAIGN
TOPICS

おいしくバストアップレシピvol.9 バストアップにおすすめの食材!白身魚の美容効果

2021.08.17

バストは90%が脂肪なので過度なダイエットなどはせず、バランスのいい食事を心がけ、プラスアルファとしてバストアップに効果的な栄養を含む食事を摂りましょう。
その他にも育乳ブラ・エクサブラなどを使用し外側からのケアも同時に行うことが美しいバストを手に入れる上で大切です。

今回はバストアップの他にもたくさんの美容効果が期待できる【白身魚】のレシピをご紹介。
手軽においしくバストアップを叶えていきましょう。

バストアップにおすすめ!白身魚の美容効果

魚は肉に負けない良質のタンパク源です。

魚のタンパク質は、
①血液中のコレステロールを減らす。②体内の余分な塩分を減らす。といった肉のタンパク質にない効果を持っています。
バストの脂肪は、お腹や足などの脂肪とは違い乳腺の発達によって増え、乳腺の発達のためには良質のタンパク質・ビタミンなどバランスの取れた食事が大事です。

たらとねぎの梅干し煮

《材料》

たらの切り身 2切
ねぎ 1本
えのき 1袋
梅干し 2個
A 酒 大さじ1/2
塩 少々
だし汁 1カップ
醤油・酒 各大さじ1
みりん 大さじ1/2

《作り方》
1. たらはそぎ切りにしAをからめ10分おく。
ねぎは幅1㎝の斜め切りにし、えのきはほぐす。梅干しは包丁でたたく。

2. 鍋にだし汁1カップを入れ煮立て、たらを加える
醤油、酒各大さじ1、みりん大さじ1/2を加え6~7分煮る。

3. ねぎ、えのき、梅干しを加えて煮る。

《point》
☆たらはタンパク質やカルシウム、ビタミンDなど栄養素が豊富。
☆梅干しに含まれるクエン酸はエネルギー代謝がスムーズに。
体内でのカルシウム定着率が高まり、ミネラルをたっぷり含んでいる。

白身魚ワンタン

《材料》

ワンタンの皮 10枚
梅干し 中2個
青じその葉 3枚
ヒラメ(刺身用) 50g
カレイ(刺身用) 50g
醤油 適宜

《作り方》
1. 梅干しは粗めに切り、青じそは細切りにする。
魚はそぎ切りにする。

2. ワンタンの皮に1を包み熱湯でゆで氷水で冷ます。しょうゆをつけて完成。

《point》
☆パッと見ると見た目が似ているカレイとヒラメ。しかし、ヒラメの脂分(脂肪)は、
カレイの約半分しかありません。ヒラメを食すのは、「生」が最も適している。
コラーゲンを含み低脂肪で低カロリー。

アクアパッツァ

《材料》

いさき 2切
塩・こしょう 適宜
オリーブオイル 小さじ2
にんにく 2片
鷹のつめ 2本
れんこん 160g
しめじ 1パック
はまぐり 8個
プチトマト 6個
白ワイン 1/2カップ
パセリ 適宜

《作り方》
1. いさきに塩・こしょうをする。

2. フライパンにオリーブオイル、半分に切ったにんにく、鷹のつめをいれて火にかけ、
いさき、れんこんとしめじを入れて焼く。

3. はまぐり、プチトマト、白ワインを入れ蒸し焼きにする。

4. はまぐりの口が開いたら約1分煮つめる。パセリを散らす。

《point》
☆はまぐりは血液のヘモグロビンの合成に必要な鉄を含んでいる。
☆いさきはタンパク質とビタミンDが多く含まれる。