LINE UP
CAMPAIGN
TOPICS

【30代のブラ選び】私に合うブラジャーは?

2021.09.24

ずっと20代の頃のように可愛いだけの下着をというワケにはいきません。
体型の変化、年齢で着用感の好みやバスト・ヒップの形に合うブラは変わっていきます。
年齢に合わせて、身体に合うものを選んでいくことで美しいバストやヒップを手に入れましょう。

女性は30代から丸くなる!?

30代以降は、皮下脂肪がつきやすくなり、身体に丸みを帯びてくる時期です。
女性は妊娠・出産という役目を果たすために脂肪が身体をガードするため、体脂肪率は30代からどんどん高くなるのです。
ハッと気が付くと、沢山の脂肪のガウンを着ている事になっているかも…。
また、年齢を重ねると肉質が柔らかくなってきます。
脇や背中に流れやすく年々カップに収めにくくなってきたり、
ある時を境に、着け慣れていたブラが合わなくなった、
といった事も少なからず起きます。

筋肉量と基礎代謝は比例する

基礎代謝(動かずに何もしなくても消費するエネルギーで筋肉量と比例する)は16~18歳前後をピークに加齢とともに減少していきます。
特に筋肉が落ちやすいとされる脚の筋肉は、50代でグッと落ちてきます。
何も手を打たなければ刻一刻と「オバサン体型」に!
でも、それを遅らせる事はできます。
適度な運動で筋肉量を増やしていけば、基礎代謝の減少を防ぐことが出来るのです。
毎日意識して体を動かしましょう!

体型に合わせたブラ選び

バストは90%が脂肪組織でできているため、身体の中でももっとも脂肪の下がり具合が目立つ部分です。
特に出産の前後は女性の体型が大きく変わる時期でもあり、出産前と後では2カップ以上も差が出ると言われます。
母乳をやめた後に元のサイズに戻ることはよくある事ですが、バストトップが下に垂れてしまうというおまけつき!
少しでも早く元の体型に戻そうと、身体に合わないきつい下着を着けて締め付けてしまうのはよくありません。

また、女性の身体はとてもデリケートで、ホルモンのバランスによって常に変化しています。
月経の前後でバストサイズが変わることもありますよね。
月経前にイライラしたり、体重が増えたりと不安定な時期に、身体に合わない下着を着けているとストレスも大きくなります。
また、「冷え」や「むくみ」の原因にもなります。敏感肌の方はきつい下着を着けていることで血流が悪くなり、皮膚に炎症を起こすこともあります。

いずれにしても体型に変化があったときは、新しいサイズを選び、買い替えましょう。

30代におすすめのブラ

 

20代後半は体型の曲がり角と言われています。バストが崩れてしまう前に補正ブラを活用しているお客様も多いです!

体型は人それぞれ。バストのお悩みや大きさなどにより、他のブラの方がしっくりくる場合もございます。
ご購入前にボディカウンセリングにてご相談ください!
バストとブラの状態を確認してお客様におすすめのアイテムをご案内いたします。

④パッドを入れる エクサブラでは、ブラを着けて上から見た時にトップバストが見えなければパッドを入れず、バスト周りのお肉の入れ込みを頑張っていただいております。 ただ、どうしても隙間が気になる方や、2カップ以上左右差がある方にはパッドをオススメすることがあります。 隙間が多いとブラジャーの中でバストが動いてしまい、バストを崩してしまう可能性があります。 バストを盛る為のパッドはNG!カップ内でバストを安定させるためにパッドを使いましょう。 左右差のあるバストのブラ選び バストの左右差がある場合は、大きい方のバストに合わせてサイズを選びましょう。小さい方に合わせてしまうと、カップにバストが収まりきらず、脇肉や背中にお肉がはみ出してしまい、胸の形が崩れる原因になってしまいます。ブラは必ず大きい方のバストに併せてサイズを選び、小さい方のバストは必要に応じてパッドを入れたり、バストケアを頑張りましょう。 メールやお電話にてカウンセリング 長年メールや電話でカウンセリングを行っているベテランスタッフがお客様のお悩みに併せてオススメのエクサブラの種類・サイズをアドバイスいたします。 お一人ずつ、きちんとお答え致しますので、多少お待たせすることもございますが、メールのお返事は3営業日以内にしております。

40代50代におすすめの下着

肉質の変化により下垂、ブラの上部に隙間ができる、脇や背中に流れやすくカップに収めにくくなってきた
というようなお悩みが増えてくる年代です。
20代と比べるとブラがきつく感じる方も多いです。

ソフトな着け心地の補正ブラ・ミディにプラスアルファでインナーを着用するのがオススメです。